紅茶の学校?

  • 2017.06.16 Friday
  • 12:25

家族経営(?)の犬猫紅茶店

宣伝の大役を担うのは広報文鳥の麦さんです

 

 

えさをついばむ姿も、部屋の向こうからうれしそうに飛んでくる姿も

眠そうなのに人間と過ごすために一生懸命がまんしてる姿も

キャルルルルルルルと人間に戦いを挑んでくる姿も

すべてがかわいらしい存在です

 

今は羽の生え換わり(換羽)時期でどうしてあげたらいいのか……。

ちょっとつらそうでかわいそうなので、

文鳥の言葉がわかれば少しは助けてあげられるのになと思います

 

 

言葉がわかるといえば、紅茶の言葉もわかるといいなとよく思います

タイマーに頼るのではなく、フタの向こうから

「今朝のあなたの気分なら、今が飲み頃だよー」

って紅茶の方から教えてくれたらしあわせじゃないですか?

 

ガラスサーバーで紅茶をいれる時なんかは、

じっと見てれば紅茶の声が聞こえないかなと3分間、

紅茶を見続けることもよくあります

 

そういえば紅茶はいつ紅茶になるんでしょう?

お湯を注いだ瞬間はお湯はお湯?

抽出中はお湯? 紅茶?

茶葉を抜いたらそれはまごうことなき紅茶、ですね

 

そう考えるとポットやマグカップ、鍋、ガラスサーバーなどなど

お茶をいれる道具の中は紅茶が、お湯から紅茶に育つ場所なんですね

紅茶にとって学校みたいなもの? 違うか……

 

紅茶の言葉がわかればそんな話もできるのになあ(笑)

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

犬猫紅茶店

twitter

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM