秋の想い

  • 2016.10.20 Thursday
  • 20:08

 

今週の東京、特に今日は、結構暑い日が続いていますね。昼間は今の季節を忘れてしまうほどですが、やはり早めに陽が傾き、あたりが茜色に染まる頃になると少し涼しい風が吹き、ああもう秋なんだよねとあらためて思い出させてくれます。

 

この歌は和泉式部日記に収載されている恋歌(ラブレター)です。解説書などを読むと、当時、和泉式部が付き合っていた宮様が去りゆく別の女性に歌を贈りたいということで、歌の才能を評価していた和泉式部に代作を依頼したものということです。

 

寂しくてつい流れてしまう、せめてこの涙に君の姿が留まってくれれば良いのに。

僕の想いも知らずに、季節(秋)とともに君は飽きてしまうんだね。

 

ん〜〜、今の時代の男性観からすると、ちょっとうっとうしい……と思われるかもしれないですね(笑)。

でも、せめて涙には君の姿が留まってほしいなんていうのは、すごく想いが感じられます。

和泉式部の歌人としての能力が感じられるとともに、ちょっと切なくなるようですね。

 

 

恋人との別れに限らず、秋はどうしても気持ちが切なくなるものですよね。

カップの水面に想い人の影を探しつつ、紅茶の時間を楽しんでみるのもいいかもしれません。

 

鯨(おおらかブレンド)のゆったりした味わいならば、秋のやわらかい陽射しのようにほっこりとした時間になるはず!

 

おおらかブレンド(鯨)ティーバッグ20コ入り

http://dogcat-teahouse.shop-pro.jp/?pid=102768669

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

犬猫紅茶店

twitter

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM