もっと紅茶の魅力を伝えていかなくちゃ

  • 2016.10.10 Monday
  • 22:15

ふら〜っと散歩中に通りがかった普通の喫茶店。

昔からあるお店で、以前はたまに利用していたものの喫煙可ということで最近はあまり利用しなくなっていた、コーヒーもケーキも軽食も安心していただける、誠実でおいしい喫茶店です。

 

その軒先に「2016 ダージリン *********茶園 セカンドフラッシュ 550円」っていう広告が大きく掲示されていました。

 

セカンドフラッシュにもいろいろあると思いますが、かなり人気の高い茶園で、ワンポット550円で出すのは……。

「普通に出したら採算が合わなさそうだなぁ」とどうしても気になったので、久しぶりに入店し、さっそくそのダージリンをオーダーしてみました。

 

結果、私の感覚としては、茶葉の量が少なすぎるな。もっとしっかりといれないと、せっかくの個性が伝わらないんじゃないかなと、そんな味わい。残念ながら「やっぱりなぁ」という感じです。

 

 

ここから先は推測なので、完全な一人相撲かもしれないけれど、このなんでもない、ちょっと残念だった体験についての感想です。

 

せっかくの高価なダージリンを、もったいない(と感じられる)味わいでしか出せないのは、このお店の責任でもあるけれど、納入業者さんや消費者の責任でもあると思うんです。もっと言えば、そういう業者や消費者を生み出してきた紅茶業界の責任でもあるんじゃないかと、末端の末端で紅茶を販売させていただいている立場として思うんです。

 

「紅茶を売りたい」と思う一般のお店が有名茶園というブランドに飛びついたものの、成果を挙げることができないのは、これまで紅茶業界や紅茶ファンが、紅茶の魅力を伝える言葉や体験を提示できなかったことにも原因があるんじゃないかなと、業界の片隅にいる者として、また一人の紅茶ファンとして感じるんです。

 

有名茶園の名前を冠しておけば、希少性を売りにさえすれば、ビジネスになるでしょうと考える業者がいて、その話に乗せられるお店があって、結果、せっかくの茶葉の魅力を減損してしまい、お店としても残念な紅茶のお店として認識されることになり、紅茶にそれほど詳しくないお客さんは「そんなに大層な紅茶でもこの程度なのか」と感じてしまう。

 

そんなwin-winならぬlose-loseな状態は、紅茶の魅力を可視化できないまま、安易なブランド志向に走ってしまった者たちの責任なんじゃないかなあと。

 

もちろん紅茶を販売されている企業・個人の皆さんは尊敬すべき方々ばかりですし、紅茶ファンの方だって他人のことを思って自分が楽しむスタイルを曲げる必要なんてまったくないと思います。

でも、そうやって個々の活動が集積していった結果が今の状態だとしたら、結果的には残念な方向へ進んでいるのかなと感じてしまいます。

 

私にできるのは、もっともっと犬猫紅茶店の紅茶の魅力を発信することしかありません。

有名ブランドに頼らず、知名度・希少性を飲むんじゃなくて、紅茶そのものの味わい・個性を楽しんでもらえるようにブレンド紅茶の魅力を伝えていくこと。

それしかありません。

 

紅茶の魅力は非常に多様です。

毎日気軽に飲める紅茶もあれば、アレンジティーにしてちょっと特別感を楽しむ紅茶もあって、そして茶園から直送されてその茶園の旬の味を楽しむ紅茶もあります。

 

いかにその多面性を伝えていくか。

がんばらないといけないですね。

 

本と紅茶の会を開催します

  • 2016.05.06 Friday
  • 22:16
犬猫紅茶店としてのイベントではなく、店主個人の企画ですが【告知】です。



5月28日(土)の17時〜19時。高田馬場のTea & Sweets こく〜んさんで「本と紅茶の会」を行います。
「本と紅茶の会」というのはティーパーティーをやりながら、テーマに沿った本をみんなで紹介しあい、最後にはシャッフルして本を交換しあう、そんなイベントです。小説だったり、マンガだったり、写真集だったり……。どんなジャンルの本でも構いません。

もしかしたら、自分の観測範囲では終生出会うことがなかったかもしれない一冊と、このイベントがきっかけで出会うかも。そんな楽しみがあるのが、このイベントの大きな魅力。
今回のテーマは
【雨の日に読みたいこの一冊】
です。

雨降りが楽しくなるような一冊でも、雨をきれいに写した写真集でも、雨が鍵を握る小説、雨のシーンが印象的なマンガ、雨とつながるようなつながらないような多少強引な一冊でも!
あなたが感じる「雨の日向きな一冊」をぜひご紹介いただければと思います。



ティーパーティーのメニューも、こく〜んさんに「雨」っぽい感じでお願いしますと、無理めなお願いをしていますので、もしかしたら、この日だけのスペシャルなアレンジティーやケーキと出会えるかもしれません。
また、「雨の日に犬はぴったり!」と言ってくださる方がいる犬猫紅茶店の犬(まろやかブレンド)も、この日は特別にこく〜んさんでいれていただくことになりました
※通常時は同店で犬猫紅茶店の紅茶の提供はありません

しゃべるの苦手だな〜という方でも、店主が一生懸命サポートしますので、ぜひぜひ気楽な気持ちで参加してみてください。
お申し込みはこちら↓
第2回だよ「本と紅茶の会」 テーマは【雨の日に読みたいこの一冊】
http://twipla.jp/events/200160

Twitterアカウントがなくて申込みできないよという方は、犬猫紅茶店の問い合わせフォームからご連絡ください
https://secure.shop-pro.jp/?mode=inq&shop_id=PA01347273

ぜひぜひ、皆さんのご参加をお待ちしています!

紅茶を持って麦さんと散歩

  • 2016.05.04 Wednesday
  • 21:44
よく晴れた連休の一日。犬猫紅茶店の広報部長である麦さんといっしょに近所の公園へ散歩に出かけてきました。



「文鳥も散歩させるの?」と思う方もいるかもしれませんが、麦さんはときどき散歩に出かけています。
というのも、日光浴によってビタミンDを生成させたり、家の中で安心しきって発情してしまわないように緊張感を与えたりということで、鳥専門のお医者さんからもときどき散歩に連れていきなさいとアドバイスをもらっているから。

小さめなお出かけ用のカゴに入ってもらって、青空の下へお出かけです。




麦さんのカゴと一緒に持っていったのは、紅茶[おおらかブレンド(鯨)とダージリンブレンドのミックス]が入った水筒。青空の下で飲む紅茶、まして麦さんといっしょに出かけて(一緒に……ではないけれど)飲む紅茶はおいしくて楽しいものです。

5月の頭とは思えないほど陽射しが強くて日焼けの腕がかゆいけれど、麦さん、またいっしょにお散歩しましょう。



ちなみに[鯨とダージリンのミックス]は
500ccの熱湯に鯨を6g/ダージリンを2gで3分蒸らして、茶葉を濾しつつ水筒(魔法瓶)に注いでできあがり。
鯨のゆったりした味わいは広い空の下で飲むのにピッタリで、その中に少しダージリンの爽やかな香りを感じられて、5月の新緑にぴったりな風味でした。


おおらかブレンド(鯨) リーフ50g の商品ページはこちら
http://dogcat-teahouse.shop-pro.jp/?pid=99150056
 

鯨と桜とアッサムと

  • 2016.03.18 Friday
  • 12:20
子供の頃は桜餅が苦手でした、というよりも「桜餅の香り」が苦手でした。
香り高いような、濃密なような、甘いような甘くないような。すごく独特で子供の世界にはない香りで、桜餅を見るたびに「なんでうちの親は柏餅を買ってこないんだろう」と思っていました。

でも今は桜餅好きですね。いつから好きになったのか分からないけれど、いつからか自然とおいしく楽しめるようになっていました。
で、昨日、近所のスーパーで手頃な桜餅を買ってきて、夜のお茶の時間にいただきました。
合わせた紅茶は「鯨多めッサム」(笑)。

犬猫紅茶店の「おおらかブレンド(鯨)」を7割、「アッサムブレンド」を3割混ぜた即席ミックスです。
「鯨」は渋みが少なく、旨味に重心を置いたブレンドなので、和菓子にはピッタリなのですが、昨日はなんとなくもう少しだけしっかりした味が飲みたい気分だったので、そこに口当たりが重すぎず、それでいて芯の通った紅茶らしさを感じさせてくれる「アッサムブレンド」をプラス。
いれてみると「鯨」の力なのか、意図した味わいだけではなく、大地を感じさせるようなアッサムの強い香気が強調されるような感じで、期待していた以上においしく桜餅と合わせることができました。



自分の食べたいお菓子を食べて、それに合わせて飲みたい紅茶も飲めて。
大人になって良かったなあと思います(笑)。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

犬猫紅茶店

twitter

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM