緊張しない紅茶

  • 2017.06.19 Monday
  • 10:28

文鳥の言葉がわかればいいのになあと思う毎日ですが、まったく分からないというわけでもありません。一緒に暮らしたことがない人にはピンとこないかもしれませんが、文鳥さんはああ見えて非常に表情が豊かなので、楽しいんだろうなあ、気持ちいいんだなあ、眠いんだね、怒ってるねなどなど、いろんな気持ちをこちらに伝えてくれています。直接共有する言葉はないけれど、ともに暮らす者として信頼関係が築けていると、それなりの会話はでき(るような気がし)ます。

 

この人(物)は自分にとってフェアな存在である、自分の意思を理解してくれている。一般的に信頼の基となるのは、安心を呼び起こすような、そんな気持ちであるかもしれません。人とペット、人間同士に限らず、人と物でもそうですよね。当店の紅茶を買ってくださる方は、犬猫紅茶店の紅茶ならばと信頼して購入してくださっているのですから、こちらもその期待にお応えする紅茶を届けなくてはなりません。

そういう意味では、ブレンド紅茶というのは信頼を生む敷居が低いカテゴリーだと言えるような気がします。『この紅茶ならいつもこういう味で応えてくれる』という安心感を堪能してもらうために、私たちは紅茶をブレンドしてお届けしています。

 

犬猫紅茶店には驚きはありません。貴重な紅茶でもありません。

なので紅茶を非日常の飲み物として楽しみたいという場合には向かないかもしれません。

 

けれど毎日の暮らしの中で、安心して信頼できる紅茶としては楽しんでいただける紅茶です。たぶん。

緊張しないで気楽におつきあいいただけるとうれしいです。

紅茶の学校?

  • 2017.06.16 Friday
  • 12:25

家族経営(?)の犬猫紅茶店

宣伝の大役を担うのは広報文鳥の麦さんです

 

 

えさをついばむ姿も、部屋の向こうからうれしそうに飛んでくる姿も

眠そうなのに人間と過ごすために一生懸命がまんしてる姿も

キャルルルルルルルと人間に戦いを挑んでくる姿も

すべてがかわいらしい存在です

 

今は羽の生え換わり(換羽)時期でどうしてあげたらいいのか……。

ちょっとつらそうでかわいそうなので、

文鳥の言葉がわかれば少しは助けてあげられるのになと思います

 

 

言葉がわかるといえば、紅茶の言葉もわかるといいなとよく思います

タイマーに頼るのではなく、フタの向こうから

「今朝のあなたの気分なら、今が飲み頃だよー」

って紅茶の方から教えてくれたらしあわせじゃないですか?

 

ガラスサーバーで紅茶をいれる時なんかは、

じっと見てれば紅茶の声が聞こえないかなと3分間、

紅茶を見続けることもよくあります

 

そういえば紅茶はいつ紅茶になるんでしょう?

お湯を注いだ瞬間はお湯はお湯?

抽出中はお湯? 紅茶?

茶葉を抜いたらそれはまごうことなき紅茶、ですね

 

そう考えるとポットやマグカップ、鍋、ガラスサーバーなどなど

お茶をいれる道具の中は紅茶が、お湯から紅茶に育つ場所なんですね

紅茶にとって学校みたいなもの? 違うか……

 

紅茶の言葉がわかればそんな話もできるのになあ(笑)

 

 

 

外国語のあいさつだけでも

  • 2017.06.15 Thursday
  • 11:25

最近の流行り言葉で「積ん読」とか「やるやる詐欺」とかありますよね 買っただけで満足して読まずに積み上げてある本や「やる」「やるよ」と言っておきながらなかなか実行に移さない行動の重さを揶揄して示す言葉。ネット社会では自虐的な笑いを生むために使われたりもしています。

 

昨日、「コンピュータのマニュアル本とか資格試験の参考書とか、本屋さんにガイドが並んでれば並んでるほどそのジャンルってむずかしそうに見えるじゃないですか」と書いたので、ちょっと本屋さんに行って書棚を眺めてきました。マニュアル本いっぱいありますね。

英会話の本なんかもたくさんありましたが、これも買って満足しちゃいがちなやつですよね。我が家の本棚にも英語に限らずスペイン語とかセルビア語とかの参考書があって(もちろんひと言も話せません)恥ずかしいのですが、買った当初はそれなりに希望に燃えてたりしたものです。でも完全に「積ん読」(「読」なのかな?)ですね。

 

そういえばこないだ公園で文鳥といっしょにひなたぼっこをしていたら、日本に暮らす娘さんを訪ねてきたロシア人のお母さんに話しかけられまして、googleさんの力(機械翻訳)の力を借りながらちょこっとお話をしてたんです。残念ながら話は対してかみ合わず、娘さんが近所に住んでいること、クリミアの方から来たんだよということぐらいしか分からなかったんですが、別れ際に「ダ スヴィダーニャ(さようなら)」とこれだけは知っていたので、スマホに頼らず声をかけてみたんですね。お母さんもすごくうれしそうに、うんうんとうなずきながら

"До свидания"と微笑んでくれました。

 

参考書を買ったからといって語学への壁が低くなったかといえば、威張れた話じゃないけれどもちろんそんなことはないわけです。でも、いろんな言葉であいさつできるだけでも、ちょこっとだけ世界が広がる楽しさが味わえるものです。

 

文鳥の言葉でもあいさつできるようになれば、もっと世界が広がるのになあ。

 

「紅茶のいれ方」は必要なのか問題

  • 2017.06.14 Wednesday
  • 12:22

紅茶を売っているとよく「おいしい紅茶のいれ方はどうするんですか?」って聞かれます

話を聞いてみると「紅茶はいれるのがむずかしいから……」と考えている人が多くいらっしゃるようです。これまでに紅茶が渋くなりすぎたり、逆に色だけ出て味が出ないというような経験があるんでしょうね

 

あと、もしかしたらこれもあるんじゃないかなと思うのは、世の中に「紅茶のいれ方」がいっぱいありすぎるということ

 

コンピュータのマニュアル本とか資格試験の参考書とか、本屋さんにガイドが並んでれば並んでるほどそのジャンルってむずかしそうに見えるじゃないですか。紅茶もそれと一緒で、世にマニュアルが多すぎて「しっかりとハウツーをおぼえないとできないもの」だと思われてるんじゃないかなって少し感じています

 

とはいえ、他の人が情報を出すのは止められるものでもないので、せめて自分(犬猫紅茶店店主)は「おいしい紅茶のいれ方」ってまとめないようにしてきました。自分が情報を出さないことでささやかな抵抗ができないかと(笑)

 

けれど上に書いたようにいれ方が気になる方も多くて、茶葉だけ買ってもらってほっぽらかしというのも不親切なのかもとも思います。道がわからない人に、「適当に歩いていても着くから大丈夫」というのも乱暴なのかなと。なので当店なりの「紅茶のいれ方」をまとめようと、今、企画検討中です

 

がちがちにルールを固めて「おいしいいれ方はこれです!」「これを守ってください!!}というものではなくて、皆さんの不安を取り除く最初の一歩にできたらなと思っています。でも、昨日書いたみたいに、シンプルに伝えるというのは簡単なことではありませんし、なにをどうまとめたらいいのか。むずかしいですね

不安の壁を乗り越える

  • 2017.06.13 Tuesday
  • 10:11

 

物事をシンプルに伝えようと思うのはむずかしいですね

情報のスリム化とでも言うのか、余計なことをはぶいて話をまとめるというのは本当にむずかしいものです。

 

特に自分が普段なにげなくやれていることをあらためて言葉にしようと思うと余計にむずかしくなるような気がします。たとえば毎日、自然と使いこなしているスマートフォン。この使い方を年配の方に教えようと思うと、どこから何をどのぐらいどうやって伝えたらいいのか……。相手の理解度にもよりもますが、なかなかの問題です。たとえば今出ている画面を終了するのに、「画面右上の×を押すのか」「画面左上の"←"を押すのか」「ホームボタンを押すのか」「そもそもそれは終了していい画面なのか」。スマホを使える人なら何も悩まないこういう事がらも、スマホが使えない人にとっては訳がわからない、パニックの要因です。とはいえ、「"×"とか"←"とかあるけど、これはそれぞれこういう意味でね。同時には出てないでしょ」とか「画面を閉じることとアプリを終了することは違ってね……」とかいちいち全部説明していると、これからスマホ操作をおぼえようとしている人にとっては

 

「あれをして、これをして、それはこうだから後回しにして、次はそれをそうして…………」

「んんんーーーーー、もういい!!!!!」

 

って感じじゃないでしょうか?

 

とりあえず触ってみてもらえばそんなにむずかしくもないんだけど、分からない人は不安だから、まず言葉で理解したいと思うようです。きっとスマホを壊しちゃいけないとか変なところを押してダマされると困るとか、そういう考える必要のないリスクまで考えちゃうんでしょうね。

 

「触る前に言葉で理解したい」

「恐ろしい思いをしたくない」

 

そういうスマホ初心者さんの気持ちを汲み取ってあげるためには、情報を極限まで削って、極力シンプルな形でスマホ操作を教えてあげることが第一歩になりますよね。そうして、とにかくまずは触ってもらえばそこから先は言葉じゃなくて実体験で感じ取ってもらえるし。

 

って、別にスマホの話を書こうと思ったんじゃないんです。

「紅茶のいれ方」を伝えるのに悩んでいるんですという話をしたかったんです。

 

けど、長くなってしまったので、「紅茶のいれ方」の話はまた今度に。

 

 

↑のスマホの話は、店主が実の親にスマホの使い方を教える際に感じるようなことなんですけど、「知らないことは不安なこと」だけど「一度にたくさん知るのは無理なこと」なんですよね。きっとスマホや紅茶だけじゃなくて、どんなことでも初めは知らない不安を乗り越えていろんなことを身につけていくんでしょうね。きっと最初に感じている不安の壁なんて大した高さじゃないんでしょうね。

保護犬保護猫支援キャンペーンをはじめます

  • 2016.11.01 Tuesday
  • 09:50

11月1日は紅茶の日。最近話題に上ることが多くなりましたね。

NHKのアサイチで特集されていたこともあり、Twitterでも「紅茶の日」がトレンドに入るほど盛り上がっています。

 

そして同時に、11月1日は犬の日でもあります。

人間の良きパートナーでいつもかわいらしく、いさましく、そして頼もしい犬。

彼女・彼らに感謝する一日でもあるわけですね。

 

 

ということで、犬猫紅茶店では、<犬の日×紅茶の日>に際して、

保護犬保護猫支援キャンペーン

を開始します。

 

具体的には

11,12両月(つまり今日から年内)に通販・イベントでお買い求めいただいた

商品の<パック数×100円>を「NPO法人犬と猫のためのライフボート」様に活動支援金として寄付させていただきます。

 

ライフボートさんは

「保健所などの行政機関で殺処分されるはずだった犬と猫を施設に一時保護し、里親さんを探すことで救命を行う団体です。施設内には附属動物病院を持ち、施設の犬猫のための医療や保護犬猫専門の外来診療を提供しています。(同法人ホームページより)」

という団体。犬や猫の保護、里親さん探しで実績をあげていらっしゃいます。

 

犬猫紅茶店という名前で活動している限り、犬や猫への感謝を示さないわけにはいきません!

なので、11月という機会を借りて、このようなキャンペーンを始めさせていただきました。

 

お客様にはなんの得もなくて申し訳ありません(もちろん損もありません!)が、ここは一つ、

本キャンペーンの主旨にご賛同を賜れればうれしく思います。

 

なにとぞよろしくお願いいたします。

 

NPO法人犬と猫のライフボート

https://www.lifeboatjapan.org/

 

犬猫紅茶店

http://dogcat-teahouse.shop-pro.jp/

 

秋の想い

  • 2016.10.20 Thursday
  • 20:08

 

今週の東京、特に今日は、結構暑い日が続いていますね。昼間は今の季節を忘れてしまうほどですが、やはり早めに陽が傾き、あたりが茜色に染まる頃になると少し涼しい風が吹き、ああもう秋なんだよねとあらためて思い出させてくれます。

 

この歌は和泉式部日記に収載されている恋歌(ラブレター)です。解説書などを読むと、当時、和泉式部が付き合っていた宮様が去りゆく別の女性に歌を贈りたいということで、歌の才能を評価していた和泉式部に代作を依頼したものということです。

 

寂しくてつい流れてしまう、せめてこの涙に君の姿が留まってくれれば良いのに。

僕の想いも知らずに、季節(秋)とともに君は飽きてしまうんだね。

 

ん〜〜、今の時代の男性観からすると、ちょっとうっとうしい……と思われるかもしれないですね(笑)。

でも、せめて涙には君の姿が留まってほしいなんていうのは、すごく想いが感じられます。

和泉式部の歌人としての能力が感じられるとともに、ちょっと切なくなるようですね。

 

 

恋人との別れに限らず、秋はどうしても気持ちが切なくなるものですよね。

カップの水面に想い人の影を探しつつ、紅茶の時間を楽しんでみるのもいいかもしれません。

 

鯨(おおらかブレンド)のゆったりした味わいならば、秋のやわらかい陽射しのようにほっこりとした時間になるはず!

 

おおらかブレンド(鯨)ティーバッグ20コ入り

http://dogcat-teahouse.shop-pro.jp/?pid=102768669

 

記念切手

  • 2016.10.17 Monday
  • 18:18

小ネタですが......

郵便局では毎月いろんな記念切手が発売されますね。きれいな花の図柄があったり、スポーツがモチーフになっていたり。
11月11日には犬猫紅茶店の広報部長、麦さんと同じ文鳥(も含まれた)図柄の切手も発売になります!

そして紅茶図柄なんですが、今発売されている「グリーティング(ライフ・花)」というシリーズの82円切手シートにアフタヌーンティーの図案が採用されています!

kitte.jpg


日本郵便
グリーティング(ライフ・花)
拡大画像はリンク先で↑
もらった人がちょっとうれしくなるようなかわいい切手ですよね
先月発売で売り切れたらなくなってしまうと思いますので、気になる方はお近くの郵便局へ足を運んでみてください!

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

犬猫紅茶店

twitter

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM